朝、1日1個達成する事を決める。最強の時間術【栃木県佐野市サンサンサロン塚原壮】

query_builder 2020/11/20
ブログ
紅葉

落ち葉の波をかき分けて、園児たち大行進。最初で最後、父子での城山遠足に本日の日中行って参りました。


皆様こんにちは。塚原壮です。

ママさんと元気いっぱいの園児たちに囲まれて、35歳の初体験。長男と秋を集めた城山遠足。大きなヤツデの落ち葉やどんぐり、紅葉やイチョウの葉。沢山集めたね。楽しかったです。ありがとうございました。


11月も2/3が終わろうとしている今、今月の初めから、スマホ時間の見直しを図っていた塚原壮ですが、試して見ての結果を今日はシェアしていこうと思います。


先に結果を言います。今の僕にはスマホの使用時間を明確に区切るのはうまくいきませんでした。


午前の仕込みが終わった段階、夕方、イベントが終わったあと、夕食後の時間、そして夜中。


時間、30分から1時間の枠を設けて、それ以外の時間はスマホに触らないという、やり方を試みていました。


当初は時間が来たら、返信や作業の途中でもキッチリやめていたのですが、脳が切り替わってしまい、次のスマホ使用枠になった時、また戻って作業をしなくてはいけなくなり、効率的で無くなっていたのです。


数日でその状態になっていると判断、時間キッチリで切り替え流のでなく、時間が来ても途中の作業は終えてから、次の仕事に移るようにしました。


多少は、良くなっていたのですが、ここで新たな事象が出てきます。

夕食後と夜のスマホ時間枠が、子供達と向き合う中で折り合いを付けづらくなっていたのです。


そもそも最初、時間の使い方を見直し、より効率的な仕事を進めていこうと思った最大の理由は家族と居る時間を増やして行く事でした。更に仲間や先生、お客様とのホウレンソウもより密に出来る様にとスマホの使用を区切る、やり方にチャレンジしてみたのです。


子育て。子供達といる時間は、よりフレキシブルな対応を求められています。隙間隙間にどんどんと細かなやる事をしていく。これが今の僕に必要だと感じました。


明確な時間割もある時の僕だったら有効になっていたと思いますが、今はその時では無かったという結論。


このやり方数週間してみて、スマホの使用時間区切るは出来ない場面が多くなってしまったのですが、実状の時間の使い方は計画とはまるで違ったカタチで、有効に密に動けている感覚があります。


家族といる時間が増え、パワーをもらっているのです。大変と感じる場面は微塵もありません。(ママや長男、長女にはキツい場面もあるとは思いますが)その為か僕自身の体調が今とても良いです。


一家の大黒柱として、軽やかでありながら、ドンといよう。シャキシャキ動きながらも安心感を与えられる様な存在でいよう。そう心に誓いました。


スマホの時間枠を設けるチャレンジは、やめようと思います。代わりに、朝の段階でこれだけは今日中にやると最低1個は決め、どの時間帯でも、次の日が昇る前までには達成させる。これを今はしています。

こちらの方が今の僕に合っていると感じます。


皆様、何か達成したい事柄がある時、停滞やもっと日常を充実させたいと思っている時、時間を決めて、物事をする。これとても効果的と僕は感じました。皆様のライフスタイルに合わせて、短めのタームで区切り、一個一個達成を積み重ねていく。おすすめいたします。是非やってみてください。


最後に11/25日水曜日、通常休みが多い水曜日ですが、その日は営業いたしております。25日は13:30から村田のりみち先生のお話会がございます。


天使や悪魔、妖精や異星人、守護や神仏。面白いお話が盛り沢山の会です。まだ若干の余裕がございますので、参加希望の方は事前連絡いただけたらと思います。


僕にとっての天使は子供達かな。

今日もありがとうございました。







NEW

  • サンサンサロンで気づいたこと⑤紫微斗数と運命の関係【栃木県佐野市サンサンサロン塚原舞友】

    query_builder 2020/11/27
  • サンサンサロンで気づいた事【栃木県佐野市サンサンサロン塚原舞友】

    query_builder 2020/11/25
  • 完全食‼︎長岡式酵素玄米炊き方講習会開催のお知らせ【栃木県佐野市サンサンサロン】塚原壮】

    query_builder 2020/11/24
  • 幼少期の好きが今のやりたいことと繋がっている【栃木県佐野市サンサンサロン塚原壮】

    query_builder 2020/11/23
  • 仕事について思うこと。【栃木県佐野市サンサンサロン塚原舞友】

    query_builder 2020/11/22

CATEGORY

ARCHIVE